プロ雀士が静岡不動産会社に就職するまで④

2021年05月24日

banner

竹内「雀荘での勤務生活では、色々な経験を積んだようですね。」

 

 

中出「そうですね。この不動産会社に就職するきっかけとなった

   社長の息子さんとの出会いも雀荘でしたからね。」

 

 

竹内「そうでしたね。社長の息子さんとは仲が良かったんですか?」

 

 

中出「はい。彼は大学在学中にアルバイトで働いてくれていたのですが、

   家が近かったので、よく遊んでいました。気が合ったんですよね。

   そこで彼からお父さん(弊社社長)の話を聞いていて、

   すごく良い人そうだなあと思ったのを覚えています。」

 

 

竹内「それで当社に興味を持ったんですね。

   雀荘を辞めて転職をすることにしたのはどうしてですか?」

 

 

中出「最後に勤めたのが歌舞伎町の雀荘だったんですが、

   もう2年でこの生活を辞めようと思っていたんです。」

 

 

竹内「それはどうしてですか?」

 

 

中出「プロ麻雀士としての限界を感じてきていたんです。

   まあ、弱くなってきたんですね。」

 

 

竹内「なるほど。それで東京から静岡に来て全く違う業種というのは、

   すごい決断だと思うのですが。」

 

 

中出「そうですかね。とりあえず環境を変えたかったんです。

   そんな時に、社長の息子さんからちょうどお話を聞いて。

   静岡だからとか、そういうのは関係なかったです。

   場所や業種は全く問題ではありませんでした。」

 

 

竹内「新しいことへ挑戦するのが全く苦ではないんですね。」

 

 

中出「そうですね。元々楽観的な性格ですし、

   何でもできるという根拠のない自信がありました。

   これも雀荘で働いて身についた自信ですね(笑)」

 

 

 

 

雀荘で色々なことが身についたようですね。

私も一度雀荘体験してみたいです。

次回は静岡の不動産会社に入社してからのお話し!

どうぞお楽しみに!