プロ雀士が静岡不動産会社に就職するまで②

2021年05月10日

ゴールデンウィークを挟んだため更新が遅れてしまい申し訳ありません。

 

みなさんはゴールデンウィーク、どこかへ遊びに行かれましたか?

とは言え緊急事態宣言が発令され、なかなか行きたい所にも行けず、

ストレスが溜まっている方が多いのではないでしょうか。。。

 

さて、そんなあなたにぜひお読み頂きたい!

「プロ麻雀士が静岡の不動産会社に就職するまで②」始まります。

 

 

「プロ麻雀士が静岡の不動産会社に就職するまで①」はこちらから

banner

竹内「小学校で麻雀を始めてから、その後中学校、高校はどうでしたか?」

 

 

中出「中学校、高校は特に麻雀はしていませんでしたね。

   その後また麻雀をするようになったのは、大学生になってからです。」

 

 

竹内「大学生ってやたら麻雀しますよね。大学はどのように決めたんですか?」

 

 

中出「特に理由はないですね。家から近かったことくらいかな。

   工学部に入ったんですが、それも親が工学部だったので、その影響です。」

 

 

竹内「それから周りの影響で麻雀を始めたんですか?」

 

 

中出「そうです。大学生になると周りがみんな麻雀をやり出すので、

   その流れで僕もまた麻雀をよくやるようになりました。

   雀荘でバイトし始めたのもその頃からですね。」

 

 

竹内「そのままバイトを続けて大学卒業後就職でも良かったと思うんですが、

   大学退学までして雀荘で働くことにした理由は何ですか?」

 

 

中出「なんとなくです。」

 

 

竹内「でも、大学中退って、結構なことですよね。」

 

 

中出「そうですね。でも、なんとなく、

   俺はこの先雀荘に就職して働くんだろうなと思ったんです。

   中退したのが大学3年生の時だったんですが、どうせ雀荘に就職するなら、

   あと2年大学に通うのが無駄だと思ったんです。」

 

 

竹内「、、、ご両親は何かおっしゃってましたか?」

 

 

中出「両親は、、、泣いてましたね。」

 

 

 

 

だろうな!!

 

ご両親の気持ち、お察しします。

 

次回は、中出の雀荘ライフです。

お楽しみに!!